やぎ55 自由になりたい公務員

旅行しているように毎日新鮮に生きたい 目指せサイドFIRE!

【初心者におすすめ】マネーフォワードミーでお金を把握 ★今月の家計改善(2021.11-12)★

今日はクリスマスですね!今週はケーキをいただいたり、昨日は休暇をとってワインとチーズを一人で味わい、クリスマス気分は満喫済み。

…ということでクリスマス関係なく、給料日を迎えたので今月の家計改善状況を振り返り!

f:id:yagi55:20211225111700j:plain

これまでの改善

  1. 格安SIMへ変更(ー4,000円/月・ワイモバイル→楽天モバイル
  2. 不要な生命保険解約(ー12,000円/月)
  3. 不要なサブスク解除(ー8,000円/月)
  4. 金保険解約(元本割れ覚悟で解約したら、+約30万円*)*10年間、月1万円の年金保険に加入していたものがプラス
  5. マネーフォワードミー開始(自動化が楽で時間節約)
  6. ふるさと納税で食費節約

 →CHECK 1)格安SIMへの変更 

  • 楽天モバイル、通話がザラザラして仕事には使えず、再乗り換えかと思っていましたが、少しマシになってきた気がします。とりあえず継続利用中。

 →CHECK 5)マネーフォワードミーをカスタマイズ 

  【おすすめ】「固定費」「変動費」「贅沢・投資」に分け管理

 

今月(11-12月)の、ざっくり家計簿

 <収入> 合計 84万2千円

  • 給与所得(ボーナス・残業代・家賃補助含)の他、ポイント利用を含む

 

 <支出> 合計23万1千円 ※今月は日帰り旅行を1回楽しむ

 

 (固定費)6万7千円

  • 家賃 4万9千円(水道使用料含む)
  • 通信費 8千円(アマゾンプライム年会費含)
  • 光熱費 9千円

 

 (変動費)6万2千円

  • 食費 5万円(ナッツ・海苔など備蓄食料を楽天市場でまとめ買い含む)
  • 日用品・美容院・歯医者 1万2千円(浄水器カートリッジ含む)

 

 (交際費・贅沢費・投資)10万円

  • 贅沢品 3万7千円 ※
  • 旅行  3万7千円 
  • 飲み会 1万5千円
  • 事業投資 1万円
  • 書籍   2千円
  • スポーツ    2千円
  • 交通費  1千円
  • プレゼント代 1千円
  • カフェ代   1千円
  • 文化アート  1千円
  • 花・植物   1千円

※化粧品、ヘアケア剤、ふるさと納税などの支払い

 

f:id:yagi55:20211225113142p:plain

マネーフォワードミーの「家計簿」画面

 

現在の資金額 

 合計 約 640 万円 → 50歳までに、4,000万円にして、サイドFIRE目指す!

 ☆12月ボーナス運用☆ 

  • 財形貯蓄に自動積立設定 (普段は3万円、ボーナスは10万円)
  • 下がり相場時に、追加投資積立(約50万円)   

今後の目標

※0と5が付く日、買い回りセール中に、楽天市場を活用し、ポイントを効率よく貯める → 楽天ポイントをツルハ等ポイント利用できるお店で日用品に使用。

 

補足(前提条件)

  • この家計・支出の前提条件は下記(1~3)のとおりです。
  • 30代半ばとなり、一時期は結婚や子どもを生むことの期限に焦っていた時期もありましたが、社会の尺度に捕らわれすぎていたことに気づきました。
  • 自分自身の幸せの尺度を見直し、現在は下記の価値観で、家計管理しています。
  • 扶養家族がいるかどうか、将来結婚や子供と持つことを想定しているかどうかで、判断が異なるかとは思いますので、ご注意ください。(ただ、前提条件が変わったら、月々の投資入金額で調整できると思えるので、気は楽。)
  1.  結婚は想定していない。(添い遂げたい相手はいるが、現在の結婚制度は自分も相手も窮屈になりそう。お互い元気で、やりたいことがやれていて、困ったときには助け合えれば、それで幸せ。)
  2. 子どもを持つことを想定していない。(子どもにとっていきやすい社会づくりには貢献したいが、自分自身の子どもを産むことに固執していない。)
  3. 最近、遠方に暮らす兄が突然倒れて障害を負うことに。いまの仕事や土地から離れる可能性もあることを、想定に入れている。

【買って良かったもの】☆時短家電☆食洗機 使用して一か月レポート

家事の時間を減らしたい!

先月からいくつかの時短家電を導入し、今日はそのうち「食洗機」を使用してみての感想を紹介します。

f:id:yagi55:20211212124622p:plain

 

<購入した商品の概要>

私が購入したのは下記商品です。

 

販売価格は27,800円。

楽天のSPU倍率、私は7.5倍なので、楽天ポイント2,085ポイント獲得。

実質25,715円の設備投資額です。

 

一人暮らしでキッチンも狭く、なるべく省スペースのもの。

最低限のスペックで探しました。

 

<設置の様子と注意点>

設置・使用中の様子です。購入前には気づかなかったいくつかの注意点がありました。

f:id:yagi55:20211212124831j:plain

1) 予想以上に大きい

 想定はしていたものの、やはり大きく重量感有ります。

 [製品スペック 重さ 13kg

         寸法 横幅42.8×奥行42.5×高さ45.8cm]

2) 入水手間

 シンク上にはスペースがないため、水道・シンクには直接つながず、付属の容器(写真左下)で水を入れています。3回いれると満水に。そこまで苦痛ではないけど、一手間は必要です。

 

3) 排水スペース必須

ここが一番予想外でしたが、排水のスペース確保し、排水を受け止めるバケツが必要です。

最近あまり活用していなかった無印良品のバケツと、サーフィン用のバケツを組み合わせ※て、スペースに収まってよかったですが、一人暮らしのお家の広さの方は特に要注意です。

※小さいバケツ一つだと、万が一ホースが暴れてしまったときの痛手が大きいと思い、安全側で2つ重ねて使っています。

 

4) 食洗機用の洗剤が必要

食洗機を使うのは初めてだったので、専用の洗剤が必要ということを再認識。大容量サイズ・チャック付のものを購入しました。

 

<使用した感想>

平日仕事をしていると、食器洗いができず使用済みの食器を溜めてしまうタイプ。その、溜めてしまっているストレスが大きく、休日も家事に使う時間が取られてしまっていました。

 

以下メリットがありました。

1) 使用済み食器が溜まりにくい

2) 温水で洗ってくれるので冷たい水で食器を洗わずに済んだ(冬とても助かる!)

3) 家事時間の短縮(入れればあとは自動)

 

一方で、下記三手間は必要です。

1) 脂分は手洗いで落としてから入れる。

2) 入水×3回

3) 排水処理+バケツ洗浄

 

また、洗浄中の水の音がしますが、私は気になりませんでした。

ただ、もしお子さんがいる家庭などは、気になる人もいるかもしれません。

 

<まとめ>

以上、食洗器を使ってみての感想まとめでした。

食器洗いのストレスと家事時間が激減するので、おすすめです!

ただし、スペースが確保できるかを購入前に、しっかり確認しておくことが大切になります。

公務員でもできる「稼ぐ力」アップ(初級編)

公務員は、副業禁止。


それでも投資への入金力を増やしたい。
自分はビビりなので、バレることがやはり怖い。

今回の記事は、将来に向け、コツコツ、経験値アップ&積み上げできることをまとめてみました。

f:id:yagi55:20211123062321j:plain

 

副業禁止でもできること(注意:推測)

1.フリマアプリで不用品を売却

  • 断捨離も兼ね、ラクマでこれまで100点ほど売却しました。
  • 仕入れて利益を上げる「せどり」はしないことにしました。(自分の性格にも合わない)
  • ラクマの売り上げは、手数料なく「楽天キャッシュ」に変えることができるので、生活費が抑えられます。
  • 物が売れる感覚を味わえて、部屋もスッキリするので、良いことばかり。
  • リセールバリューを意識し、物を購入することになるため、無駄な出費も激減しました。

2.執筆依頼・講演依頼を引き受ける(要兼業申請)

  • 依頼に応じ、謝金・旅費を得て、執筆・講演等を行っています。
  • こちらは、人事課に兼業申請を出し、実施しています。
  • 「稼ぎ」とは言えませんが、実績の積み上げにはなります。
  • また、色々な土地を訪れ、出会いがある楽しさがあります。自分自身、旅行が大好きなので、ほぼ無料で旅行できることが、最大のメリット&モチベーション!
  • 講演・話題提供ニーズがある内容については、別途実名ブログを運用し、記録を付けています。(実名でやっていることもあり、広告収入設定なし)

3.楽天経済圏活用・ポイント運用

  • 楽天カードに支出をまとめています。
  • 楽天ひかり、楽天モバイル(注:通話安定しないので仕事利用にはおすすめできません)楽天証券楽天市場楽天トラベルなど、普段の生活を、楽天サービス利用。
  • そうすると、1か月のポイントが1万円弱になってきたので、現金の減りが小さくなりました。

まとめ

ビビりでもできる、公務員の「稼ぐ力」アップ(初級編)をまとめてみました。

今はすぐ稼ぎにならなくても、

  • SNSやブログでの、発信を積み重ねる
  • ライティング、動画編集力を付ける

など、力をつけておくことで、サイドFIREの道も、だんだん見えてくるかもしれないですね。

【初心者におすすめ】散らかっているお金を把握 ★今月の家計改善(2021.10-11)★

今月もおつかれさまでした!年末が近づいていますね。給料日になったので、今月の家計改善状況を振り返り。

いろんなところ(個人保険年金など)に散らばっていたお金を、「自己防衛資金」「現金」「投資(証券口座)」にすみ分け、資産額が把握できるようになってきました。

これまでの改善

  1. 格安SIMへ変更(ワイモバイル→楽天モバイル
  2. 不要な生命保険解約(ー12,000円/月)
  3. 金保険解約(元本割れ覚悟で解約したら、+約30万円*)*10年間、月1万円の年金保険に加入していたものがプラス
  4. マネーフォワードミー開始(自動化が楽で時間節約)
  5. ふるさと納税開始(新潟の米が美味しくて毎日幸せ!)

 →CHECK 1)格安SIMへの変更 

  【反省点】楽天モバイルはおすすめできない

  • 通話がザラザラして仕事には使えない。
  • モバイル3か月無料、ひかり1年間無料の恩恵が終わったら乗り換え検討。

 →CHECK 4)マネーフォワードミーをカスタマイズ 

  【おすすめ】「固定費」「変動費」「贅沢・投資」に分け管理

 

今月(10-11月)の、ざっくり家計簿

 <収入> 合計 28万6千円

  • 給与所得(残業代・家賃補助含)の他、ポイント利用を含む

 

 <支出> 合計30.6万円 ※今月は大型出費が集中

 

 (固定費)7万7千円

  • 家賃 4万6千円
  • 通信費 2万3千円(解約等費用・NHK代含)
  • 水道光熱費 8千円

 

 (変動費)3万1千円

  • 食費 2万2千円
  • 日用品・美容院・歯医者 9千円

 

 (交際費・贅沢費・投資)19万8千円

  • 設備投資 13万8千円 ※
  • 事業投資 4万6千円 ※
  • 本    5千円
  • スポーツ 3千円
  • 贅沢品 2千円
  • 交際費 2千円
  • 交通費 0.5千円

※食洗機、スマホロックボックス、カーボンヒーター、電気調理釜、簿記3級講座代、ブログ開設費用(ドメイン代)など、設備投資の支払いが集中

現在の資金額 

 合計 約 572 万円 → 50歳までに、4,000万円にして、サイドFIRE目指す!

 

 浪費・旅行・自己投資・プレゼント等のお金は別口座☆

  • 口座残高 11万6千円 (使用予定:年末年始の帰省費用)

 

 ☆12月ボーナス運用予定☆

  • 財形貯蓄に自動積立設定 (普段は3万円、ボーナスは10万円)
  • 残額は全て投資のための余剰金※として確保  ※ボーナス時の特別な支出設定を行わず日々生活すると、経済的ゆとり+安心感があります。 

 

今後の目標

  • 実生活で、チャレンジしたい案件が出てきた。英語プレゼンを実現することが、次なるステップアップにつながりそう。
  • 「貯める力」「増やす力」は更なる自動化を目指す。
  • 実生活のプロジェクトを優先することが「稼ぐ力」向上につながると捉えて、今後取り組む。

 

補足(前提条件)

  • この家計・支出の前提条件は下記(1~3)のとおりです。
  • 30代半ばとなり、一時期は結婚や子どもを生むことの期限に焦っていた時期もありましたが、社会の尺度に捕らわれすぎていたことに気づきました。
  • 自分自身の幸せの尺度を見直し、現在は下記の価値観で、家計管理しています。
  • 扶養家族がいるかどうか、将来結婚や子供と持つことを想定しているかどうかで、判断が異なるかとは思いますので、ご注意ください。(ただ、前提条件が変わったら、月々の投資入金額で調整できると思えるので、気は楽。)
  1.  結婚は想定していない。(添い遂げたい相手はいるが、現在の結婚制度は自分も相手も窮屈になりそう。お互い元気で、やりたいことがやれていて、困ったときには助け合えれば、それで幸せ。)
  2. 子どもを持つことを想定していない。(子どもにとっていきやすい社会づくりには貢献したいが、自分自身の子どもを産むことに固執していない。)
  3. 最近、遠方に暮らす兄が突然倒れて障害を負うことに。いまの仕事や土地から離れる可能性もあることを、想定に入れている。

買ってよかったものシリーズ|東日本大震災が起こって見直した生活習慣

はてなブログ」10周年特別お題「はてなブロガー10の質問」

「10年前何してた?」「10年で変わったことは?」の質問で、思い出したこと。

 

それは「東日本大震災が起こった後に、見直した生活習慣」時間が経つと忘れがちなので、文面化してみました。普段も役立つことが前提です。

アウトドアグッズ・アウトドア経験は、非常時乗り越える力になります。

 

家のなかで

外出時

日常的に使うもの

趣味で使うもの

  • 折り畳み式テント(アウトドア時の着替え用)

日常生活

  • 近所の人が顔見知り
  • 立場の違う仲間がいる
  • 職場に歩いて通える距離に住む
  • 部署を超えて相談できる人がいる
  • 災害リスクの小さい場所・建物に居住する
  • 家族が住んでいる場所の災害想定を把握しておく
  • 情報連絡・発信手段を複数持つ(メール・LINE・Twitter・ブログ・Facebook

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

  • 動物のヤギが好きだから
  • 遅くとも55歳までにはサイドFIREをしようという決意から

はてなブログを始めたきっかけは?

  • 「稼ぐブログ」「ニーズに合うブログ」の練習

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

  • はじめたばかりだから、まだない。
  • 書いたなかで選べば、下記の記事。文章化したことで、自分の真相心理が整理できた。

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

  • 節目
  • 頭の整理がしたいとき
  • 記録しておきたい物事があるとき

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

  • なし

自分の記事を読み返すことはある?

  • ある。伝わりづらいと思った部分は、修正する。

好きなはてなブロガーは?

  • 特にいない

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

  • いつもお世話になってます!

10年前は何してた?

この10年を一言でまとめると?

  • 人生が大きく変わった10年

サイドFIREを意識した理由「突然兄が倒れた」

今年度に入ってから、公務員を卒業したい思いが強くなっている。

いくつか要因は考えられる。

なかでも、「遠方に暮らす兄が突然倒れたこと」が、一番じわじわと効いているので、今回記事にしようと思う。

-------

離れて暮らす兄が倒れた

高校の頃に親が転勤となり、

それから家族とは離れて暮らしてきた。

年齢が近い兄とはケンカが絶えず、両親は父親の借金が原因で揉めてばかり。

正直、家から出ることができて、ホッとした。

離れると兄とも友達のようには話せるようになり、親のケンカも目にしなくて良くなり、「家族は離れて元気が一番」、と思ってきた。

 

しかし、この春、30代の兄が脳が原因で突然倒れた。不摂生な食事習慣だったので、おそらく生活習慣病・高血圧が理由と思われる。

 

命はとりとめたものの、認知・言語・身体に障害が残った。(コロナウイルス感染拡大の影響もあり、私自身これまで面会したのは1度だけ)

 

障害が残る兄、高齢の両親

現在は70代の母親が病院に見舞い。

兄は、年明けには自宅に戻るという。

 

今は母親(と入院先の病院)に負担が集中している。

母親に何かあったら、私が動く必要が出てくるだろうなと思っている。

父親も同居しているものの、ギャンブル癖が治っていない可能性もあるので、不安要素の方が強い。

 

突然の兄が倒れたこと。

この事象が発生してから、頭の中で色々とシュミュレーションするようになった。

 

「家族を理由にすれば、仕事辞めやすいんじゃないか?」

最初は、自分の働くまちに、家族を呼べばよいかなと思っていた。

 

しかし、ふと思った。

「家族を理由にすれば、仕事辞めやすいんじゃないか?」と。

 

「これを機に」、という、ヨコシマな気持ちが働いてきた笑

 

なんだかんだ言っても家庭環境がきっかけ

お金の苦労が多かった家庭だったが、母親は節約を重ね、私が望む教育の機会は、惜しみなく与えてくれた。母親には感謝しかない。

 

やりたいことはとことんやれた(勉強ややりたいことに「没頭」したのは家庭のトラブルから逃れたい深層心理が働いていた可能性有)。

家庭に居場所がない場合でも、逃げ場がある社会であって欲しい。そう思っていたから、公共的なことへの関心が強くなった。そういう意味では、自分の人格形成にはかなり大きな影響を受けている。

その後、個性的かつ素敵な大人との出会いで研究資金やプロジェクト資金を出してくれる人に出会いチャレンジの機会をもらえ、様々な国や都市を訪れることもできた。その経験や出会いの恩恵は、現在にもつながっている。

 

どん底の幼少期を脱出し、余生気分の今

前述のような家庭事情があり、自分の人生のどん底は小中学生の頃。生きている意味が感じられないという冷めた心だった。

借金で揉める家庭なかにいることが辛くてしようがなかった。

子供だったので、その環境から自分の力では逃れようがなかった。

 

時は経ち、自分は自分で生計を立てることができるようになった。万が一親に借金が見つかったとしても、処理する手段はありそうだから、途方に暮れることはないだろうと思えるようにもなった。

 

うちの家族は、お金のトラブルさえなければ、個々人としては悪い人ではない。(ただし組み合わせがあまり良くないんだろうな)

 

そんなこんなで、中学生までの間に一回死んでいる気分。

その後の人生は、生き返った心地。

社会人になってからも色んな局面を乗り越えることができたので、既に一旦人生は楽しみ尽くした気分ではある。

 

兄が倒れ、家族を気に掛ける必要がでてきた。特に母親を放っておくことはしたくない。

もしかしたら、いま大切にしている何かを手放す必要も出てくるかもしれないけど、それもそれで新たな人生かもしれない。

 

窮屈な時間を抜け出し、より自由を求めて

大きな天災もあり、しばらくは、いつ死んでも後悔しないようにと、刹那的な時間を過ごしていた。

だけど、まだまだ生きそうだ。

 

だったら、窮屈な時間よりは、楽しい時間を過ごしたい。

 

人生後半は、ちょっと違うモードの暮らし方を楽しんでみようと思う。

 

ただ、「家族のために自分を犠牲にする」というマイナス思考になりたくないので、「家族を理由に、公務員脱出を企む」という気分でいるという整理に至った。

 

家族にも目配りしつつ、福祉サービスや制度は活用しながら、自分自身は、引き続き自由に楽しく生きたい。

 

まとめ

長くなりましたが、サイドFIREに気持ちが動いているのは、兄が突然倒れたことが、けっこう効いているかも。というお話でした。

 

みなさん、若くても油断せず、健康にはくれぐれもお気をつけて!